<< 「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞) | main | 「心神耗弱」争わず=中大教授殺害で検察側−東京地裁(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


裁判員裁判444件 死刑・無罪の判決なし(産経新聞)

 最高裁は16日、裁判員裁判の実施状況も公表。今年3月までに、すでに444人が判決を言い渡されたが、死刑と無罪の判決はまだ出されていない。444人のうち、裁判官だけで審理する控訴審を18人が終えた。このうち12人は裁判員裁判の結論を維持して控訴を棄却、6人は控訴を取り下げた。裁判員裁判の判決に対する控訴率は約32%だった。

 実施状況では、制度開始から3月末までに裁判員裁判の対象となった被告はのべ1662人。裁判員候補者には全国で4万1047人が選ばれ、このうち約52%が辞退を認められた。裁判員を選ぶ選任手続きへの候補者の出席率は約83%だった。

 裁判の平均開廷回数は3.5回で、判決に向け、裁判官と裁判員が話し合う「最終評議」の時間は平均約426分だった。被告が否認しているケースは、認めている事件と比べ、1時間半以上長くかかった。

 裁判官による裁判と裁判員裁判の量刑差について、最高裁は「判決が蓄積されておらず、有意な差はない」と説明。ただ、執行猶予の場合、保護観察が付けられる割合が裁判員裁判では約59%と、裁判官裁判の約37%を上回った。

 また、裁判員を務めた経験者へのアンケート結果では、経験者の約71%が審理を理解しやすかったとし、約76%が評議で十分に議論できたと答えた。参加後の感想は、約97%が「よい経験」と答えた。

【関連記事】
裁判員に“真実の声”届くか 弁護側も原点に返る必要性
裁判員裁判は損? 勾留が長期化、1年で判決25%
日弁連新会長 司法改革の定着に努力を
人命奪う決断は嫌 鳥取で裁判員制度廃止求めデモ
検察審査会 厳正で公平な運用が肝要
外国人地方参政権問題に一石

普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会(産経新聞)
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円−山形県警(時事通信)
大詰め諫早湾開門、政治的思惑指摘の声も(読売新聞)
「シカに矢」男女2人組逮捕「シカ肉は高く売れると聞いた」(スポーツ報知)
「舛添氏、政局に関係ない」=民主・渡部氏(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 09:49
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所
アフィリエイト ホームページ
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
審査 甘い キャッシング
情報商材
出会いランキング
selected entries
archives
recent comment
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    豚村 (06/12)
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    パトラッシュ (05/03)
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    岩男 (04/28)
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    リンデル (01/16)
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    ガトリング白銀 (01/10)
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    道隆 (01/03)
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    タンやオ (12/29)
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    ナーマソフト (12/25)
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • 振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
    きんちゃん (12/17)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM